保釈金の用意、これならできます。

保釈金が高くて一括では払えない、という人は多いようです。しかし保釈金は一括での納付が原則となっているので、分割払いはできません。

 

保釈金が払えないと留置所で身柄が拘束されたままです。一刻も早く現金を調達しなければなりません。

 

ご存じでしょうか?自分名義のクレジットカードがあれば、ショッピング枠内で即時現金を手元に用意することができるのです。

 

これが 一番簡単に保釈金を用意する方法 です。

 

もちろん合法なので堂々と現金を手にできます。それでは、この方法を解説していきますね。

 

お急ぎの方和光クレジット公式サイト

 

一番簡単に保釈金を用意する方法

誰にも頭を下げないで

今すぐ保釈金を用意して

留置所から釈放してあげたい!

 

 

という方へ、クレジットカード現金化というシステムを簡単に説明したいと思います。

 

クレジットカード現金化とは

ショッピング枠を利用限度として「商品購入から買い取り」を一括して行ってくれるので、即時現金を受け取れるというサービスです。

 

購入した商品の発送は行われないので、自宅に商品が届いて家族にばれるという心配もありません。

 

カード会社への支払いは、分割払いやリボ払いを選択できます。消費者金融や闇金への返済に比べて非常に楽ですし、余裕をもってストレスなく支払いができます。

 

利用の流れ

1 申し込む

公式サイトの「お申込みフォームはこちら」というオレンジ色のボタンから申し込みます。

 

2 決済手続き

ネットショップで買い物して、クレジットカードで決済します。

 

3 振込まれる

買い物終了後、最短5分で指定口座に現金が振り込まれます。

 

4 保釈金を払う

現金が用意できたら、一刻も早く保釈金を払います。

 

公式サイトでは24時間受付中です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

クレジットカード現金化優良店和光クレジット

 

 

保釈金の相場

保釈金の相場は、150〜300万円くらいが多いです。しかし事案によっては高額な保釈金が設定されることもあります。

 

色々な事件の保釈金

具体的な事件ごとに保釈金の金額を見てみましょう。

 

性犯罪
痴漢(条例違反)

刑事裁判になった場合、保釈金は150万円程度でしょう。

 

盗撮(条例違反)

刑事裁判になった場合、保釈金は150万円程度でしょう。

 

強制わいせつ事件

保釈金は200万円程度でしょう。

 

強姦事件

保釈金は300万円程度でしょう。

 

薬物事件
大麻事件

保釈金は150万円程度でしょう。

 

覚せい剤事件

保釈金は200万円程度でしょう。

 

複数の薬物事件

複数の薬物事件に関係している場合は、保釈金は300〜500万円程度と高額になるでしょう。

 

財産事件
窃盗事件

保釈金は150万円程度でしょう。

 

小さい詐欺事件

規模が小さい単発の詐欺事件は、保釈金は150万円程度でしょう。

 

大きい詐欺事件

組織的な詐欺事件は、保釈金は500万円以上と高額になるでしょう。

 

大きい横領事件

世間を騒がす億単位の業務上横領事件は、保釈金は1,000万円を超えることもあります。

 

交通事故
死亡事故

保釈金は200万円程度です。

 

ひき逃げ事件

死亡事故にひき逃げや飲酒運転などが加わった場合は、保釈金は300万円程度でしょう。

 

危険運転致傷罪

保釈金は300万円程度でしょう。

 

無免許運転

保釈金は150万円程度でしょう。

 

スピード違反

保釈金は150万円程度でしょう。

 

億を超える保釈金

保釈金の額は、被告人の経済力も考慮されます。同じような事件でも、お金持ちは保釈金が高くなります。

 

有名人の保釈金

被告人によっては億を超える保釈金が設定されることもあります。

 

人物 事件 金額
カルロス・ゴーン カルロスゴーン事件 15億円
村上世彰 村上ファンド事件 7億円
堀江貴文 ライブドア事件 5億円
金丸信 金丸事件 3億円
田中角栄 ロッキード事件 2億円