痴漢の保釈金が高過ぎて払えない方

痴漢の保釈金は150万円から200万円程度が相場。高くて一括では払えない、という方は多いようです。

 

保釈金が払えないと身柄が拘束されたままなので一刻も早く現金を調達しなければなりません。

 

一番簡単に保釈金を用意する方法をご紹介します。

 

お急ぎの方 一番簡単に保釈金を用意する方法

 

 

 

 

痴漢で逮捕されない方法

痴漢トラブルは、警察沙汰になるとマスコミに報道されることがあります。

 

個人情報漏洩

ネットに個人情報が漏れたり職場に痴漢行為を知られてしまうことがあります。

 

ですから、逮捕されないように早期解決が望ましいでしょう。

 

示談成立

逮捕されるより前に示談を成立させることによりトラブルを解決してしまえばいいのです。

 

政治家や芸能人でなければ、逮捕前の段階でマスコミに報道されることはないでしょう。

 

もし逮捕されてしまっても、早い段階で示談を成立させてトラブルを解決すれば、警察や検察からマスコミに伝わる可能性は低くなります。

 

決意表明

問題が解決したら、家族に心から謝り、もう二度と痴漢行為をしない決意表明をしてください。

 

 

痴漢で逮捕された場合

痴漢行為で警察に逮捕された場合は、刑事訴訟法という法律に定められている手順で手続きが進みます。

 

逮捕されて捕まったまま、検察官送致、勾留、勾留延長、起訴・不起訴の処分という手続きがあります。

 

最長23日間の勾留

最長で逮捕の日から23日間捕まったままの状態が続きます。

 

起訴

起訴されてしまった場合、23日間の後も引き続き裁判が終わるまで捕まったままの状態が続きます。

 

全ての手続が終わる前に釈放されるケースもあります。

 

釈放

痴漢トラブルで示談が成立した場合は、釈放される可能性が高くなります。

 

強制わいせつ罪で起訴された後でも、保釈を求めて保証金を支払って釈放されるケースもあります。

 

保釈金の相場

痴漢の保釈金は具体的にどのくらいになるのでしょうか。痴漢事件の場合は150万円から200万円程度が相場です。

 

略式罰金手続き

痴漢事件は略式罰金手続きで終わるのが通例で、保釈金を支払う前に終わることもあります。

 

強制わいせつ事件は200万円

起訴されて刑事事件になったとしても起訴猶予が見込まれる場合は150万円程度、強制わいせつ罪にあたる場合は200万円程度になることがあります。

 

強姦事件は300万円

強姦罪にあたる場合は300万円程度になります。個人的には安すぎると思います。

 

 

痴漢被害にあいやすい女性とは

痴漢はどのようなタイプの女性を狙うのでしょうか。一つは、姿勢が悪くて、動き方がスムーズではない女性です。

 

いったいどういうことを意味するのでしょうか。この逆を考えてみたらわかりやすいと思います。

 

痴漢が避ける女性

背筋がピシッっと伸びていて、さっそうと歩き、何かするときにはテキパキとした動きをする女性。

 

痴漢の立場からこのような女性を見たら「痴漢行為をしたい、狙いたい」と思うでしょうか。

 

いいえ、ほとんどの痴漢は狙わないでしょう。女性としては魅力的ですが、痴漢行為には不向きだと判断します。

 

このようなきびきびとした女性は、ちょっと指先が触れただけでも痴漢じゃないかと睨み返すようなイメージですね。

 

おしりを触りでもしたら、大声で怒鳴られそうなイメージすらあります。痴漢はおとなしい女性を好むのです。

 

痴漢が狙う女性

姿勢が悪くて動き方がスムーズではない女性。

 

こういう女性のイメージはどうでしょうか。自分に自信がなく、何をするにも鈍く、鈍感な印象を受けます。

 

どちらにしてもイメージでしかないのですが、そのイメージによって痴漢はターゲットを選びます。

 

ですから自分が周りにどんな印象を与えているのかに注意をしなくてはいけませんね。

 

弱い印象を与えない

実際、姿勢の良い女性の方が素敵ですし、動きも鈍いよりテキパキしている方が見た目が良いはずです。

 

自分がどう見えているかを研究して改善する努力をしましょう。